· 

【レポ】こどもアート11月

秋を感じよう!葉っぱのアート

松本市こども絵画造形アトリエあーとりえ、11月のこどもアート教室の様子です。

 今月のテーマは、秋を感じよう!

 イチョウ、もみじ、桜、ユリ等々拾い集めた葉っぱを、なんの木の葉かな?と考えたり、紅葉した色、形やにおいを感じながら観察しました。自然や季節の移ろいに目を向けるきっかけになればと思います。

 

技法遊びその1 ー フロッタージュ

綺麗に色づいた葉は、そのままにしておくと縮んで変色してしまうので、(押し葉にするとしばらく持つと教えてもらいました。)トレーシングペーパーにカラフルな色で、こすり出して(フロッタージュ技法)残しました。

 

技法遊びその2 ー コラージュ 

こすり出した紙を切り抜き、それぞれに想像を膨らませて貼っていきます。最後に、自分がどんなイメージで作ったかタイトルをつけました。

子ども達の作品の一部をご紹介します。

 

葉っぱのフロッタージュ

葉脈の模様の美しさを生かした作品。葉っぱそのものをコサージュにしたもの。葉の形を羽に見立て、色づけした作品。

 

葉っぱのフロッタージュ

葉の形を見るなり、飼い犬をイメージした子。台紙も自由に使い、花束(タイトルは、葉束)に見立てた子。貼っていくうちに、物語が生まれて、動物園にした子等々。ご紹介しきれないのが残念ですが(インスタグラムでも一部ご紹介しております。)どれ一つとして同じでない、個性豊かな作品の数々が生まれました。「氷の上の花火」や「キンキラ雨」なんていうタイトルの付け方も、これまた素敵でした!

2019年マイカレンダー作り

 2019年マイカレンダー作りも行っています。季節の絵や自分の描きたいものを6枚描いています。めくるのが楽しくなるようなカレンダーができるといいなと思います。11月は、クリスマスの絵と干支のイノシシを主に描きました。

子ども達の作品を一部ご紹介いたします。

コラム【子どもの絵から読み解く】

無意識に描いていても、絵には、性格傾向や本人も自覚していないような心理状態が表れます。私が、アートセラピーを学んだ点に関心をお寄せ下さった方もいらっしゃるので、今回は、絵からどのように、心のメッセージを読み取るのかお伝えしたいと思います。

 

ただし、本人との対話なしに、読み解きだけでは意味をなさないので、あくまでもこんな見方もあるし、こんな意味ともとれるという参考レベルでお受けとりください。本人に聞いたらまったく検討違いなんてこともあるかもしれません(^^;)

 

では、クリスマスをテーマに描いた自由画から見ていきましょう。

※取り上げたから、良いとか問題があるという意味では全くありません。

 

読み解く時は、主に空間構成・モチーフ・タッチ、筆圧、ストロークや配色などを見ていきます。

 

まず、上の3枚の絵に共通するモチーフ「時計」を例に見ていきましょう。どのエリアにそのモチーフがあるかも大事です。画面左上は、その人の思想や精神面が表れる箇所です。

時計は、調和・運命・現実をのみこむ等、色々な意味合いがありますが、ここでは子どもにとっての時計の意味を考えると、「規則正しく時を刻むもの」「生活のリズム」などが考えられます。そこで、規則正しい生活リズムを心がけている。時間を守りたいという意識の表れと読み解きます。

 

または、時間を気にしないといけない。というプレッシャーとも読み取れます。特に、3番目の時計はストレスカラーである黄色が使われているのでそのように推測しました。たまたま家の時計が黄色いだけかもしれませんが(^^;)

 

右上は、未来を表す領域です。1番目の絵を例にすると、外の夜景が見える「窓」があります。夜景はキラキラした印象なので、外の世界(大人になって家を出る感じ)、将来への希望、憧れが表れています。

 

このようにひとつ一つ見ていきますが、大事なことは、パーツの分析結果ではなくトータルで把握することだと思います。また、当然ながら本人との対話。

 

タッチ、筆圧、ストローク、配色から分かること

3枚とも筆圧は強めで勢いのあるストロークなので、エネルギッシュ、自己主張が強めの傾向です。

 

2枚目を例にすると、色は寒色系で、レンガの囲いがあり、どことなく防衛的な印象を受けます。隅々まで細かく几帳面に描かれていることから、性格傾向としては、こだわりがある。完璧主義。神経も細やか。モチーフからは、知性も感じられます。本来自分に自信があるタイプだが、能力をのびのび発揮できない状況なのか?抑制しているような印象を受けます。

 

教室では、絵から分かるその子の性格傾向、心理状態を感じながら、受け入れる、認めることを心がけています。大きな変化が表れたら保護者の方にもお伝えしますね。

 

こどもアート12月、1月の体験受付中

体験は、通常クラス時に各1名程度受け入れております。(体験料500円)受け入れ可能な日程が決まり次第、LINEにてご連絡いたします。

お申込みフォームから、必要事項をご記入後、LINE@(友だち追加お願いします。)にて簡単にメッセージをください。(メールが届かないケースが多く、LINEの方が確実だからです。)

2019年春より水曜日クラス増設します。お問い合わせの際に、水曜希望とお伝えください。金、土、日曜日クラスはまもなく満席です。