· 

ステンドグラス風アート 松本市こどもアート

 

こどもアートパステルクラブ7月は、工作。ガラス絵具という乾くと透明になる不思議な絵具で、ステンドグラス風アートに挑戦しました。

 

何種類かの下絵の中から、好みの絵柄を選んでもらいました。乾く前は、↑こんな感じでべっとりしています。

 

乾いて透明になった完成品は、↓こちら。透かしてみると、まるでステンドグラスのように見えますね。

 

ガラス絵具を乾かす間、3原色+白の絵具アートで、きゅうりの断面図を見て描きました。黄+青+白だけで、何種類もの緑を作り出すことができますよ。

 

「きゅうりって、こんなにじっくり見たことなかった!」と本人。外側から内側への色の変化や、たねの部分もよく観察して描けていますね。

 

7月は、2回開催月だったので、ステンドグラス風アートの作品を乾かす間に、きゅうりを描いたり、ひらめきアートもしました。

 

ひとふで書きで、自由な線を描き、そこから何かに見える形を浮かび上がらせて、色を塗っていくという発見遊びです。「なぐり描き~投影法」(D.W.ウィニコット・スクイグル・ゲーム)というアートセラピーの技法がベースとなっています。

 

みんな最初は、「全然何にも見えない~。分からない!」と言って困っていましたが、「自分がこう見えるかも、と思ったらそれを形にしていけばいいんだよ、自分の中から、見つけ出すんだよ。」と声かけしました。

 

すると、ほとんどの子が6つ以上は見つけることができました。中には、10個以上も見つけ出してしまうつわものも!想像力が豊かですね。

 

想像力を使うとは、まさにこういうことで、自分の中から生み出すものなんですよね。想像したものを、よりそれらしく具体的に形にしていくことが創造力。

 

今回なかなか見つけられなかった子も、とても豊な想像力を持っています。自分の中にあるということに気づいて、のびのびと表現していけるように、今後もひらめきアートの時間を取っていきたいなと思います。

 

とはいえ、所詮教室の中での試みですので、自然のフィールドにはかないません。見上げる空の雲、葉っぱや石ころ、川のせせらぎ。夏休みに、自然の中で遊ぶことも多いと思います。お子さんが思う存分に想像力を発揮できるよい機会となりますように!


【8月の予定】1回開催

8月は、パステルアートを予定しています。時間が余れば、自由画を描きます。


秋の会員募集!体験会


 

現在各クラス定員に達しておりますが、秋の会員更新に伴い、若干名追加募集を行います。

 

8月~9月のクラスに空きが出た日に1~2名づつ体験者を受け入れます。

 

お申込みフォームに、体験受け入れ可能日を随時更新しますので、体験希望の方は、フォームよりお申込み下さい。

 

別の日で案内希望の方は、登録しておいて下されば、優先的にご連絡差し上げます。

 

*8月の体験可能日

8/18(金)17:15~梓川公民館

8/19(土)14時~なんなんひろば第4

 

こどもアートお申込みフォーム>>