· 

松本市こどもアート1月の様子

 

松本市こどもアートパステルクラブ1月は、パステルアートを描きました。小学生以上は、森と湖に雪が降っているモチーフを。

 

 

小2の女の子の作品。ふわっとした色合いと雪景色がマッチしています。

 

 

園児さんは、ゆきだるまを描きました。雪だるまの表情が楽しそう♪

 

 

3~4年生がいる梓川クラスでは、少し大きめのB5サイズで森とゆきだるまに挑戦してもらいました。

 

 

こちらの南松本クラスは、余った時間で、窓にお絵描きしました。

まるでお空にお絵描きしているみたいでしょ?

雲の上のお城、お姫様と王子様がいるね!

 

 

普段、画用紙だとお絵描きに気が進まない子も、 「窓に描いていいよ。」と聞くと、「本当に~!?いいの~?」ってのびのびと自由に描きます。

 

通常、やっちゃダメって言われることを、好きにやれると心が解放されるんですね。ある意味これも、カタルシスアートです。

 

 

心が解放されて、浄化されると、つい子どもの本音がポロリ。

実は、こんなお子さんだったんだとか、園や学校でなんだかんだと子どもたちも頑張っているので、ストレス抱えているんだね。ということも分かりました。

 

「習い事のうち、このアートクラスは毎回楽しみにしているんですよ。」と何人かのお母さんに言っていただいて嬉しかったです。子どもにとっては、ストレスフリーな場なのでしょうか?(笑)

 

ちなみに、ラクガキは窓に描いてもきれいに落せる”キットパス”というチョークを使用していますので、ご安心下さい。くれぐれもお家でクレヨンで描かないように!

 

カタルシスアートは、子どもによっては、はじけすぎて収集がつかない状態になる危険もありますので、必要のあるお子様に適に実施しています。

 

 そして、多くの子どもたちが、ブリヂストンエコ絵画コンクールの課題画に取り組んでいただき、ありがとうございました。こちらは、団体で郵送させていただきました。コンクールが終了したらこちらでもご紹介させていただきたいと思います。


【今月のねらい】

パステルアート。指で描くパステルアートは、絵に苦手意識がある子どもも大人も簡単に楽しめ、素敵な絵に仕上がりますので、自信がつきます。

 カタルシスアートは、怒りや欲求不満を発散させ、心を解放させたり、浄化させるアートワークで、様々な手法があります。


春の募集始まります


 

春の募集に伴い、2~3月クラスで各2名程度、体験者を受け入れて参ります。

 

体験・入会ご希望の方は、フォームよりお申込み下さい。

 

こどもアート体験・入会

お申込みフォーム 


こどもアート関連記事