· 

毛糸でリース作り、自由画 松本市こどもアート

 

松本市こどもアートパステルクラブ12月は、毛糸でふわもこリース作りと自由画を描きました。

 

 

紙皿と毛糸がリースに変身?!

 

紙皿を芯にして、毛糸をグルグルと巻いていきます。毛糸は、太めのものやフェルトリボンを使うとボリューム感が出ていい感じになりますよ♡簡単ですので、おうちでも色々なタイプを作ってみて下さいね。

 

子どもたちの作品を一部ご紹介します。

 

 

リボンやボンボンでデコレーションすると素敵なリースになります。

同じ素材でも、いろいろなアレンジをする子どもたちのアイデアって素晴らしいですね。

 

 

余った時間を使って、また今月2回目の子どもたちは、自由画を描きました。こちらも一部ご紹介いたします。

 

 

「クリスマスの絵」を描いてくれたのは、年中さんの女の子。

「サンタさんが、ピンクのおもちゃのピアノを持ってきてくれるの~」プレゼント届いたかな?

 

 

幼稚園の「クリスマス会」を描いてくれた、年長さんの女の子。

キリストの誕生劇の様子。イエス・キリストの生まれるところ、マリア様、天使、3博士などとても詳しく描かれている絵ですね。

 

 

「おなべパーティの絵」を描いてくれたのは、年長さんの女の子。 

火でぐつぐつしている様子が良く伝わってきます。とても温かくて美味しそう~!

 

 

「クリスマスツリー」を描いてくれたのは、年長さんの男の子。

工作が大好きなので、余った紙皿を見つけると、ちょきちょき切って虹色の鳥をペタ。カッコイイね!

 

 

 「おうちで飼っている犬」を描いてくれたのは、小1の女の子。

窓の外やテレビで雪が降っています。大好きな2匹の犬のことをお話ししながら愛情込めて描いてくれました。

 

 

「理想の一軒家」を描いてくれたのは、小3の女の子。

最初は不思議な絵を描くなぁ、とやや心配になるのですが(^^;)

描き上がると、あら斬新!見る人を引き付けるとても魅力的な絵です。

 

 

そして、多くの子どもたちが、ブリヂストンエコ絵画コンクールの課題画に取り組みました。こちらは、応募前の作品を公開できないため、コンクールが終了したら掲載していきたいと思います。

希望者は、1月も引き続き描いてもらいます。


【今月のねらい】

毛糸のリース工作。紙皿と毛糸という一見関連のない素材同士を組み合わせて、新しい物を作れるよ!という発想力のヒントを体感するワークです。子どもたちが頭で理解するのは難しいと思いますが・・・(^^;)

 

 自由画は、何を描いていいか分からない、思ったように描けないから嫌だ、という子も多いですが、日頃の出来事やテーマに沿ったものなど、まずはとにかくどんどん描いてくれたらいいと思います。その子の体験したこと、感じたことを表現しようとすれば、それが伝わり、そういう絵は良い絵だと思います。


次回の募集は、3月です


 

 次回の体験・募集は、春となります。3月の時点で空きが出ましたら、優先的にご案内を差し上げます。

 

体験・入会ご希望の方は、フォームよりお申込み下さい。

 

こどもアート体験・入会

お申込みフォーム 


こどもアート関連記事