· 

3原色でぬらし絵 松本市こどもアート教室

 

6月のこどもアート2回目は、3原色絵具アートで、ぬらし絵、はじき絵、ドリッピングなど様々な表現方法を体験しました。

画用紙をびしょびしょにしたり、絵具が水に流れていく様子に、最初は、戸惑いを感じながらも、色と色がにじんで新しい色が生まれたり、クレヨンをはじいて、模様が浮き出ていく変化を楽しんでいました。

【ねらい】表現力

ぬらし絵、はじき絵、ドリッピング。

一つ一つは、ただの技法ですが、知っておくことで、今後、自分で自由に絵を描くとき、この感じには、あの時の表現方法がぴったりだな~と思い出してもらえたら。表現の引き出しをいっぱい持ってもらえたらなと思います。

 【声かけのコツ】

何描いたのこれ?ぐしょぐしょ、ぐちゃぐちゃだね ×

面白い表現方法があるんだね。どんな風にやったの?など(^^♪

 

汚れてもよい服もしくはエプロン持参でお願いします。ドリッピングは結構絵具が飛びます。 

余った時間には、”ひらめきアート”をやっています。

こちらは、数字を何かに変身させてみよう!と言って描いてもらったもの。

 

分かります?「24」の2をリンゴの木に見立て、4を弓矢にして的を打つ絵にしています。ちなみに、24は、この子の出席番号だそう。

 

えんぴつ1本で、あっという間にこんな絵が描けちゃう子どもの発想力ってすごいですよね!

さらには、「じゃあ今度は、数字じゃなくて、漢字とかでもいい?」と「夏」という字を夏にまつわるイラストで構成する子も。

パッと次のアイデアにつなげる、頭の回転の早いこと!

 

まさに、遊びの中にこそ、ひらめきやアイデアのヒントがあるんだな~って子ども達を見ていると思います。

 

 

子ども達が、ラクガキしたり、遊びだしたらしめたもので、そんな時こそが、子どもが存分に主体性を発揮しているんじゃないかな、と思うくらいです(笑)

 

もちろん、他のお友だちの迷惑になる行為は、注意しますよー!


【7月の予定】2回開催

7月は、ディンプルアートに挑戦。ガラス絵具という不思議な画材で、ステンドグラス風の作品を作ってみたいと思います。乾かす時間の関係で、もしかしたら2回に分けて完成させるかもしれません。

下地を乾かす間に、3原色絵具アートで、きゅうりを(緑色のバリエーション)描きます。(※ディンプルの人ときゅうりの人と半分づつ交互に進めます。)

 

【8月の予定】1回開催

パステルアートか、ひっかき画(年齢による。)ディンプルアートが完成していない人は、完成させる。


おかげ様で、各クラスとも定員になりました。

次回募集は、10月です。ご案内ご希望の方は、こちらから>>