【レポ】こどもパステルアート教室12月@松本市

こんにちは、長野県松本市・安曇野市・塩尻市パステルアート専門絵画教室、パステル彩円主宰の村澤佐和子です。ご訪問ありがとうございます。

 

年内最後12月のこどもパステルアートは、クリスマスツリーを描きました。


今回は、型紙を用意せず、各々にツリーの形を決めて子どもたち自身で抜型を作りました。その後は、ツリーの飾り付け。抜型パンチでお好みの形を抜いてペタペタ。ラメも付けて、キラキラアートになりました。


うまく出来なかったらどうしよう。。となかなかハサミを入れられない子もいましたが、あえて手伝わずに待ちました。

自分の手で何かを創り出すには、一発で上手くいくわけではないこと。やってみて、はじめて加減も分かるというもの。

「とにかくやってみなければ分からないよ!失敗したら、やり直せばいいだけだよ。」の声かけに、やっとハサミを入れることが出来たRちゃんでした。


初めて体験した、年長さんと小2のお子さんも、指で色をぬりぬり楽しそうでした(^^)

ご参加ありがとうございました。


【2016年の教室について】

パステルアートを中心に月1回開催してきたこどもパステルアートですが、3年間こどもたちの創作に携わる中で、より子どもたちが創作の喜びを感じられる場を目指したいとの思いが強くなりました。内容を吟味し、リニューアルします。研修と準備のため、しばらくお時間をいただきますことをご了承ください。2016年秋を目指してリニューアルオープンします。

お楽しみに(^^)/